介護職員初任者研修の有資格者は働きやすい勤務条件の求人が多い介護職に就ける?

介護職は女性が働きやすい求人が多い

今日この頃は、少子高齢化が原因で労働力が減少してきている風潮にあり、ますます女性の人材募集を積極的に行う会社の比率が増加傾向にあります。

これまでは、採用担当者のイメージでは女性は事務職が向いているという考え方が主流でしたが、その傾向が変化してきて女性の登用の仕方が見直されてきていると言われています。

近年人材募集の求人内容を見ていると感じるのは不況であっても介護職に限っては常に多くの求人があるという点です。

求人は様々な業種で多く募集されていますが、その中でも女性という立場で考えたときに最も融通がきき働きやすい介護職求人情報を見つけるにはどのような手段があるのでしょうか。

まず第一に、求人募集している介護施設のうちで女性の比率が少ないという事実はないかどうか探ってみましょう。

ひとつの手段ですが、求人している介護施設のホームページで紹介されている女性介護職員の話などを読んでみるのも参考になります。

介護施設に直接訪問して見学するのが最も確かな方法であるかもしれませんが、介護施設の様子や雰囲気は写真や文章からも案外と感じ取ることもできます。

また介護施設で勤務する女性介護職員のサポート制度に関しても調査しておくべきです。

特に出産や子育てに関するサポート制度が設けられているかだけでなく、これらのサポート制度を女性介護職員が実際に活用できているかの運用状況に関しても実情を知っておくことが大切です。

求人情報では明らかにされていなかった勤務実態が、採用され働きだしてから問題にならない様にしっかりと検討することも重要です。

女性介護職員へ適用されるサポート制度を調べるだけではなく、制度適用外の介護職員への雇用待遇も意識しておくべきことです。

出産や子育てをしている女性のみが適用され優遇されている場合は、制度を利用出来ない介護職員に大きな業務負担がかかるケースも考えられます。

女性介護職員を対象としたサポート制度を利用した際、仕事場の風土がどんな感じなのかという点も、女性が働きやすい職場がどうかを見極めるための貴重な情報源となるでしょう。

女性の求職者が多い介護職員初任者研修後の介護求人

最近、介護職の人材募集を目にすることが多いですが、昔から仕事をする女性の中で注目を集めている介護職とは如何なる職種だと思いますか。

前から介護職の強みは、男女の性別や若者や高齢者などの年齢に影響されずに、介護職員初任者研修や実務者研修で学んだ専門性を活用して自分の生活スタイルに合致した雇用形態や勤務条件を選択できべる点にあります。

介護職の求人情報といっても多種多様に渡り、1つの例として、デイサービスで午前中だけで勤務はOKという非常勤パートもありますし、土日だけフルタイムで働くというWワークOKの求人募集もあります。

特に女性の場合は結婚、出産、育児で一時休業するケースも多いので、介護職は自分の都合に合わせて融通がききやすいという点では好都合な仕事の1つでしょう。

さらには既婚女性からすれば、夫の転勤や予期せぬ転職に遭遇しても介護職員初任者研修などの資格を持っていると地域に関係なく転職にもかなり有利です。

介護職関連の求人募集は、全国どの地域でも景気の浮き沈みに関係なく多いからです。

求人情報の中でも介護職は女性に有利な職種であるといえますし、一度資格を取得しておけば年齢が高くても一生涯活用できる資格といえるかもしれません。

現場での介護職の仕事内容ですが、大きく分けると訪問介護と施設内介護に区分されます。訪問介護の場合は、介護サービス利用者宅に訪問し身の回りの生活援助や介助を行います。

施設内介護であれば介護施設に日々訪問してくる利用者や、入居している利用者の介護を行う仕事になります。

就業先の介護施設によっては、介護職の仕事でも担当する業務内容が異なってくるケースもあるので、事前にどのような業務を担当することになるのかチェックしておきましょう。

求人情報で不明点があれば詳しく内容確認をしたり、面接時にも疑問があれば面接官に質問したりしておきましょう。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

女性に人気のある介護職員初任者研修資格
OLや主婦層など女性に人気があり職場数や就業人数の多い資格で有名な代表格には、介護系では介護職員初任者研修、実務者研修などがあります。

 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能
ページトップへ戻る