コロナ禍における介護職への就職・転職状況

現在の介護職の就職と転職状況

2020年から現在も続くコロナウイルスによる就職難で、失業者も増加し、求人倍率も落ち込んできました。

ところが介護求人は相変わらず多く、他業種からの転職者もコロナ禍より前の年と比較すると大幅に増加しています。

長年人材不足であった介護業界からすると人材確保の多きなチャンスとも言えます。

なので、逆に非正規スポットで簡単に働けた介護職の仕事ですが、人材的に充足している施設も多くなり以前ほど簡単には就職できなくなっている地域もあるようです。

最低でも週2日以上数か月間は休まず勤務できないと雇わないという介護施設も多くなってきました。

仕事が減り解雇されたり、収入が減った方が多くなっているので、全体的に求人数が多い介護業界に人材が流動化して生活費を確保するため転職してくる方が多くなっています。

このまま定着してくれれば介護業界にとってはプラスになると思うのですが、景気が回復してくるとどうなるかは今のところ予測できません。

現在は転職にしても、就職にしても活動がインターネットがなければ出来ないというほどに変化してきています。
学校の就職課などが間に入っている事も、新卒などの場合は多々あるようです。

けれども返事も応募するのもネットという事が普通という現代、上手にネットを使って、就職や転職活動をする必要があるでしょう。

窓口で希望を言って、ハローワークなどで、合う仕事を紹介してもらうものも、もちろん現在でもあります。

事実ハローワークでさえネットでの応募などが増加してきています。

当サイトで紹介している介護職初任者研修の資格取得後は、介護求人サイトでは、多くの求人情報を紹介していますので、希望の求人情報を検索するのも簡単です。

介護職に一度チャレンジしてみようと考えている方は是非利用してほしいものです。

数年前よりもだいぶ就職や転職の方法も、時代とともに変わってきているといいます。

ネットを最大限使って、就職と転職をする利点とは何でしょうか。

やはり情報量が、ネットを使った就職や転職の利点というとあげられるでしょう。

今はネットを通した活動をしているのが、多くの人材を募集する企業です。

就職情報や、転職情報、就職や転職したいと思っている企業などの情報も、ネットを通して得る事が出来ます。

オンラインで応募などもネットを通してすることが可能です。

昔のように1枚、1枚履歴書を書いたり、職務経歴書を用意する手間が省けた事も、利点の一つといえるでしょう。

次に就職や転職をインターネットを使ってする場合の注意点、コツなどがありますので解説しましょう。

就職と転職のコツ

一番の就職と転職のコツは、何よりさまざまな情報を得ることではないでしょうか。

今はインターネット時代ですから、先にもお話したように就職、転職活動をする場合にはインターネットを中心としたことになります。

就職、転職サイトをいろいろと見て、自分に有効だと思うサイトを少なくとも4〜5個位は登録しましょう。

どうしてたくさん登録するのがおすすめなのでしょうか。

企業がネットを通して人材を募集する時に、全ての就職、転職サイトを通すわけではありません。

ほとんどはせいぜい1つか2つのサイトを使う事ようです。

十分にありえるのが、自分がとても興味がある企業からの募集が、自分が登録している就職、転職サイトで見つからないという事です。

知らなければ応募する事も出来ないわけで、せっかく募集があって逃してしまうでしょう。

他の人に最初の時点で、出遅れてしまう事になるでしょう。

なるべくたくさんの就職、転職サイトにまずは登録しましょう。

企業情報や、募集情報など、毎日のようにいろいろなメールが来てチェックが大変になるのは、確かに登録が多いとありえます。

逆に考えればたくさん就職、転職情報もあるという事になるので、大変ですが登録はしておきましょう。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

女性に人気のある介護職員初任者研修資格
OLや主婦層など女性に人気があり職場数や就業人数の多い資格で有名な代表格には、介護系では介護職員初任者研修、実務者研修などがあります。
女性が働きやすく求人も多い介護職
介護職は女性が働きやすい勤務条件の求人が多く、介護職員初任者研修を修了すれば、女性の求職者も多いのが介護求人の特徴です。
介護職員初任者研修は子育てと両立できる仕事も得やすい資格
介護職員初任者研修資格取得後の介護の仕事と子育ての両立に向けてに関するコラム記事です。
出産後も子育てと両立しやすい介護職
介護職員初任者研修などの介護資格取得者の女性が結婚・出産後、育児休業後すぐに仕事を再スートすることが必要であるなど、経済的負担も求められる状況が多くなっています。
介護業界の人材不足と採用されやすい条件とは
介護業界で採用されやすい人材とは?介護士の人材不足と採用の条件、介護職人材の確保と中途採用の必要性について紹介しています。

 
ページトップへ戻る