介護職が利用者と家族の意向・意思を調整する場合の技法・ポイントについて

@利用者と家族の意向 ■利用者の意向を把握する  利用者の意向を把握することは,介護を行ううえで不可欠なことですが,意向を把握することはそれほど簡単なことではありません。「OOさんはどうされたいですか」のような質問に,仮に利用者が「○○です」と明確に答えたとします。 しかし,介護職との信頼関係が未構築で本当の意向が話せなかったり,言ってもどうせ無理だろうとあきらめて真の意向を話さなかったなどの理由によって,それが利用者の真意であるとは限らないことがあります。  介護職は言葉と表情などとの違和感に注目し,真意ではないと感じられる場合には,利用者の本当の意向を知りたいというメッセージを繰り返し伝えましょう。 そして,利用者の非言語的コミュニケーションに注目しながら,傾聴(こここに・J・第2巻96頁)や共感レ第2巻98頁)の技法を活用することが大切です。 ■家族の意向を把握する  家族の意向を把握する際,利用者のものと異なるからといって,家族が利用者のことを大切に思っていないと安易に決めつけてはいけません。利用者と家族の意向が異なるに至ったさまざまな背景に目を向けてみましょう。  どのような状況であっても,介護職が自分の価値観で家族の意向を判断し,非難することがないように注意しましょう。 表3-11●利用者と家族の意向が異なるに至った主な背景 @家族が利用者の状態や状況を正確に理解していない  子どもにとって自分の親が老いていく現実を直視するのはつらいものである。そのため,自分の希望が加味されたフィルターで現実を認識することがある。 A家族の価値観で利用者のことを考えている  家族が「利用者のために」と考えたことであっても,利用者の意向と異なることがある。  例えば,家族が利用者の意向を無視して保護しようとすることがよくある。 B家族の利益を第一に考えている  家族が自分の生活を第一に考えることも当然あり得る。 利用者の意向が家族によって無視され,利用者の権利が侵害されているような場合には,利用者の権利を擁護しなければならない。 ■利用者の意向の現実性を検討する  利用者と家族の意向の相異点を確認したうぇで,利用者の意向の現実性を検討します。 その際,利用者の意向が家族など他者の権利を侵害する可能性がある場合には,利用者の意向を吟味しなければなりません。例えば,「人浴に関しては妻の介護しか受け入れないという意向が利用者本人にはあるが,妻は,高齢や腰痛のため入浴の介護を続けると健康を損なう可能性が高い」というような場合には,この利用者の意向は妻の権利を侵害する可能性があります。状況を踏まえた意向になるよう,利用者を支援します。 A利用者と家族の意向の調整 ■利用者の意向を家族が理解できるように支援する  利用者と家族の意向が異なる場合,まず必要なのは家族が利用者の真の意向を理解することです。 できる限り,利用者が自分で自分の意向を家族に伝えられるように支援しましょう。  そのためには,表3-12に示すような支援が必要になります。 そして,言い換えや要約レ第2巻101頁)などの技法を活用して,利用者と家族が共通の理解を得ていることを確認しながらコミュニケーションを促します。  利用者が自分で話すのが困難な場合や,利用者と家族の利益対立が生じている場合などにはレ介護職が利用者の意向や家族への思いなどを代弁する必要があります。 表3-12●利用者の意向を家族が理解できるようにするための支援 ・利用者の意向を聴く。 ・家族の意向を聴く。 ・利用者が家族に自分の意向を話せるように利用者を動機づける。 ・家族が利用者の意向を聴くように動機づける。 ・利用者と家族がコミュニケーションをもてる場を設定する。 ・利用者が話しはじめられる状況をつくる。 ■利用者と家族の意向が一致するように支援する  家族が利用者の意向を理解することができたら,互いの意向が一致するように調整します。 利用者と家族の考える具体的な方法は異なっていたとしても,「母には楽しい毎日を送ってほしい」といった希望の部分では同じことが多々あります。 このような利用者と家族の共通の思いに焦点をあて,同じ方向を向いていることを確認し合ったうえで,「そのとき,お母様ならどのように考えられるでしょうか」のように,家族が利用者の立場で考えることができるように支援します。
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

コミュニケーションスキルを習得する意味|介護職の対人スキル
介護職がコミュニケーションスキルを習得することの意味と役割について解説しています。
コミュニケーション過程・伝達方法|介護職の対人スキル
介護現場におけるコミュニケーション過程や環境、相手に意思を伝える伝達方法などについて解説しています。
話の聴き方|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者の話を聴く際の技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。
感情表現を察知する|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者の感情表現を察知する技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。
納得・同意を得る|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者から納得・同意を得る技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。
質問する|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者へ質問する際の技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。
相談・助言する|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者から相談を受けたり、助言・指導する際の技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。
意欲を引き出す|介護職の対人スキル
介護職が現場で利用者の意欲やヤル気を引き出すための技術・方法・ポイント・注意点などについて解説しています。

 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能
ページトップへ戻る