ホームヘルパーの相談業務について

限定された介護業務の時間から「相談時間」を捻出する

 家族に要介護者を抱え自宅で介護を行っている場合は、利用者と家族共に、介護が要因となる様々なストレスを抱え込むケースが多くあります。

しかし、ストレスは日々の小さな出来事が徐々に蓄積し、解消できない状態が長期間に渡って続くことで大きなストレスとなり覆いかぶさってきます。

その結果、利用者への虐待や家庭の崩壊などに繋がることになります。

そのような最悪の状態を未然に防止するには、日々のストレスを都度解消することがポイントになりますが、定期的に利用者宅を訪問しているホームヘルパーなどがその大切な役割を担える立場にあるのだと思います。

わずか1日5分でも相談相手ができれば虐待防止につながる

 身体介護や生活援助はもちろんのこと、利用者や家族からの相談に応じるという職務も介護職員の重要な仕事になります。

しかし、介護保険制度が施行され報酬額も時間単位で設定されている現状では、介護職員も時間に縛られてじっくりと相談に応じている余裕もなくなっています。

ただ、家族や利用者のストレスを緩和するには「相談に応じるという業務」が重要な役割を果たしているのも事実です。

相談してすぐに解決策が見つからなかっても、相談することでストレスが発散でき、ストレスが大きくうっ積することを防止する効果があるからです。

なので、ホームヘルパーは解決策を示せなくても、話をしっかり聞いてあげるだけでストレスを緩和でき虐待防止に効果を発揮できます。

時間がないという中でも利用者や家族の話を聞いてあげたいというホームヘルパーは多くいます。

この相反する事柄により板挟み状態になることを解決するには、介護のちょっとした合間を見つける以外に方法はありません。

これは、簡単にできることではないですが、なんとかするんだという意識や姿勢をホームヘルパー側がしかりと持っていれば出来ないことではありません。

下図で示しているように介護業務にはそれぞれ区切りが有ります。

このときの5分10分のスキマ時間を利用して相談を受け、日々会話を積み重ねていくことによりストレスを発散させる手助けを行うこともできます。

例え少し時間を要しても、利用者や家族の考えや気持ちを理解でき、その後の介護をスムーズに行えれば、10分程度の時間もすぐに挽回できるはずです。

介護業務の隙間時間を利用して相談を受けるコツ

介護業務の隙間時間を利用して相談を受けるコツ

利用者や家族からの相談内容の記録は残しておく

 先ほどのような方法で相談を受けた内容は自分でわかるように手帳などの記録をつけておくことも必要です。

このようなことを日々地道に積み重ねていくことで、相談を受けた場合も一言で全体を推測でき、相手の気持ちや意図を察することができるので、適切な介助や援助の仕方が見えるようになってきます。

さらに、手帳を見ている時、何回も繰り返して相談を受けている内容については、緊急性のあるものだと察知でき迅速に対応することができます。

相談内容については、事業所の上司などに逐次報告していると思いますが、緊急性があると判断できる内容については、対応を促すなど踏み込んだ対処が可能です。

家庭内介護の場合は、どうしても家族などが介護に大きく時間をとられストレスを溜め込みやすくなる傾向にあります。

ホームヘルパーという立場は、利用者と家族の緩衝材ともいえる存在です。

その大切な役割を認識しつつ些細な内容でも相談に応じ、相談者の真意を理解できるように、洞察力を働かせるのもホームヘルパーの重要な役割だと言えます。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

介護士の働きやすい服装と持ち物
介護士・ホームヘルパーの働きやすい服装と必要になる持ち物について紹介しています。
介護士は自分の健康管理も大切
ホームヘルパーや介護士は体が資本なので自分の健康管理をすることも大変重要です。
訪問前の事前情報の把握が重要
訪問前の事前情報の把握がホームヘルパーや介護士として仕事をする上では重要です。
感染症の対処法
ホームヘルパーや介護士としての感染症に対する注意点や対処法について解説しています。
利用者との感情のズレ対処法
ホームヘルパーや介護士と利用者との間に感情のズレが発生した場合の対処法について解説しています。
介護業務 緊急時の対処法
ホームヘルパーや介護士が介護の際に事故などの緊急事態が発生した場合の対処法について解説しています。
介護現場で物品破損した場合の対処法
ホームヘルパーや介護士が訪問先や介護現場で物品破損した場合の対処法について解説しています。
ホームヘルパーの医療行為について
ホームヘルパーや介護士が行える医療行為について解説しています。
生活援助の範囲について
ホームヘルパーや介護士が生活援助として行える範囲や定義について解説しています。
介護業務での守秘義務について
ホームヘルパーや介護士が介護業務上で知り得た守秘義務の扱い方や注意点について解説しています。
利用者(要介護者)への虐待について
ホームヘルパーや介護士が利用者(要介護者)が虐待されているサインをどう受け取りどう対処するかについて解説しています。
志望別キャリアアップの方法とお勧めの福祉介護資格一覧
ホームヘルパーや初任者研修の資格取得後、さらに志望するキャリアアップに合致した福祉・介護・医療関連の資格と内容について紹介しています。

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能