介護技術を向上させるためのコツ・仕事術

 ここでは、介護技術が今以上、驚くほど格段に上達することができるようなプロの仕事術について紹介していきます。

介護士の実務内容と基本技能 カテゴリ一覧

身体介護をする場合の心得

身体介護の基本技能

身体介護のポイント

生活援助をする場合の心得

生活援助のポイント

介護技術が格段に上達するコツ ←現在位置

介護技術が格段に上達するコツ記事一覧

介護士の働きやすい服装と持ち物

介護時の機能性を重視しつつ、利用者心理にも配慮した服装とは就業先が決定し、介護現場で働くことになった際に、心得ておくべきことは何かについてみていきましょう。最初に考えるべきは、職場に着ていく服装や待ち物についてです。介護施設などに勤務する場合だと、ユニフォームを支給する施設もありますが、最近では入所...

≫続きを読む

 

介護士は自分の健康管理も大切

ホームヘルパーや介護士は体が資本 ホームヘルパーや介護士は体が資本なので、仕事の質を高めるためには、自己管理をしっかりすることが大切です。介護の仕事に就いたら、自分の健康管理には、今まで以上に注意し気を配る必要があります。相当体力を使う仕事ですし、もし軽い風邪であっても高齢者が多い利用者に移してしま...

≫続きを読む

 

訪問前の事前情報の把握が重要

介護士は自分なりに事前情報を元にして介護の流れを考える 介護の仕事は、体調管理や身支度を万全に整えただけでは行うことはできません。その他で重要なことの一つに利用者に関する情報をしっかり把握することも介護業務に欠かせないものになります。 介護に入る前に、カンファレンスやオリエンテーションなどが実施され...

≫続きを読む

 

感染症の対処法

感染症の正確な知識と対応力を学び神経質にならないこと 介護士・ホームヘルパーとして注意すべきことの一つに、感染症があります。感染症と聞くと自分では手に負えないと、恐怖心を持つ人もいるようですが、感染症に対する正しい知識を持っていれば、 基本的な手洗いや注意事項などをしっかり守ることでほとんど問題は起...

≫続きを読む

 

利用者との感情のズレ対処法

利用者とのコミュニケーションを円滑にし、感情の溝を埋める 介護の仕事に就く前の心構えについて説明してきましが、いくら準備万端にしていても、予期せぬ不測の事態に遭遇することがあります。このページでは、そのような場面に出くわした場合の対処の仕方について考えてみましょう。第一印象に配慮して訪問先の家に...

≫続きを読む

 

介護業務 緊急時の対処法

事故が発生した場合、落ち着いて対応する 介護業務に慣れた介護士・ホームヘルパーであっても、人間である限りミスを起こす場合もあります。ホームヘルパーの力量が問われるのは、いかにミスを未然防止できるか、事故に繋がらないようにするかということです。しかし、事故が起こる可能性は、いくら注意していてもゼロには...

≫続きを読む

 

介護現場で物品破損した場合の対処法

破損させたら誠意ある対応が基本 介護現場での物品破損には例として次のような様々なケースが考えられます。洗い物をしている最中に、茶碗を落とし割ってしまった。掃除をしている最中に、額を落として破損させてしまった。料理をしている最中に畳にこぼしシミをつけてしまった。 まず介護士は、利用者や家族に破損させた...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーの医療行為について

介護士・ホームヘルパーが原則できない行為とは 介護業務に於いて、基本的に介護士・ホームヘルパーが行ってはいけない行為というものがあります。まず、医療行為に該当するもので、喀痰吸引や経管栄養などは、以前は禁止行為とされていました。 次に、利用者との契約内容に記載されていない行為です。具体的には、介護保...

≫続きを読む

 

生活援助の範囲について

自立支援以外の援助まで頼まれた場合どうすればよいか 訪問介護時のホームヘルパーが業務上で悩む事の一つに、介護サービスの契約外の行為や介護保険で定められていない行為を利用者や家族から依頼されることというケースがあります。特に生活援助については以前から問題になっています。「生活援助(家事援助)内容につい...

≫続きを読む

 

介護業務での守秘義務について

利用者のプライバシーを無意識のうちに漏らしていないか 実際の介護現場では様々な問題が発生しますが、失敗した場合、基本的に利用者に対する誠意をきちんと示せれば、ほとんどの問題は乗り越えることが可能です。一番まずいのは、その場しのぎで乗り切ろうという考えで行動してしまっている場合で、失敗するホームヘルパ...

≫続きを読む

 

利用者(要介護者)への虐待について

虐待のサインをどう察知し、どう対処するか 介護職員は介護業務を行いながら利用者の心身の状態を常に観察するということが重要です。観察することによって、利用者の心身の異常が早めに発見でき、大きな問題に発展しないよう手を打つことができるからです。初任者研修の講義でも観察ポイントや方法について学ぶことになり...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーの相談業務について

限定された介護業務の時間から「相談時間」を捻出する 家族に要介護者を抱え自宅で介護を行っている場合は、利用者と家族共に、介護が要因となる様々なストレスを抱え込むケースが多くあります。しかし、ストレスは日々の小さな出来事が徐々に蓄積し、解消できない状態が長期間に渡って続くことで大きなストレスとなり覆い...

≫続きを読む

 

志望別キャリアアップの方法とお勧めの福祉介護資格一覧

 初任者研修やホームヘルパーなどの資格を取得して長年介護業務に携わっていると、「もっと他に資格やスキルがあれば、さらに深く違った観点から利用者のために役立つことができるのに」という思いが心に湧いてくることがあります。ここでは、介護の仕事をやりながらスキルアップ・キャリアアップしたいと考えている目的や...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能