介護職員初任者研修からキャリアアップできる資格とは

 介護資格の入門資格である介護職員初任者研修資格を取得し介護職の経験を積んで、更にキャリアアップするにはどのようなステップを踏めばいいのでしょうか?

また、介護職員初任者研修以外の介護資格には何があるのでしょうか?

一般的に介護職員初任者研修からのオーソドックスなキャリアアップのステップは次のような順序になります。

  1. 介護職員初任者研修
  2. 介護職員実務者研修
  3. 介護福祉士
  4. 介護支援専門員

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級レベル)

 受験資格はなく誰でも研修受講可能で、130時間の研修過程を修了する必要があります。

また、施設や訪問介護でヘルパーとして3年以上実務経験を積むことは介護福祉士などの受験資格になります。

介護福祉系の資格取得に繋げることができるので、初任者研修やホームヘルパー2級の資格を取得し、ステップアップを視野に入れて仕事をしている方が多くいます。

仕事内容は、日常生活を行うのに誰かの手助けを必要とする高齢者や障害者の方々に対して、自立できるように配慮しながらも身体介助や家事援助などのお世話を行います。

職場は、通所でのデイサービス介護業務、施設での介護業務、高齢者や障害者などの自宅を訪問する訪問介護業務など様々で就業先も数多くあります。

また、介護職員・ホームヘルパーは、介護現場では以前から慢性的に人手不足で、常に求人が多数行われており、就業形態も常勤の正職員以外にも非常勤のパートや登録型ヘルパーなど自分の生活スタイルに合わせて働くことも可能です。

介護職員実務者研修(ホームヘルパー1級レベル)

 受験資格はなく誰でも研修受講可能で、450時間の研修過程を修了する必要があります。

取得すれば、サービス提供責任者に就くことも可能で、介護職の実務経験を3年以上積めば介護福祉士の受験資格を得られ実技試験も免除されます。

介護職員実務者研修は受講期間が長いので、3年以上の介護職実務経験がある方が介護福祉士の受験資格を得るために受講し資格取得を目指す方が多いようです。

時間とお金に余裕がある方は介護職員初任者研修を受講せずに、いきなりチャレンジしてもいいかもしれません。

介護福祉士

 介護資格でも唯一の国家資格になり介護のプロフェッショナル資格です。

仕事内容は、介護を必要とする高齢者や障害者宅に訪問して行う訪問介護や訪問入浴介護、デイサービスやデイケアなどの介護施設では、身体介護や食事・排泄介助などを行います。

どの職場でも、利用者が日常生活を送れるようにするための介助を行うだけでなく、介護に関して家族の相談に乗り助言・指導も行います。

介護福祉士になれば利用者だけでなく、介護者である家族に対しても安心して介護できるよう支えになることも大切な役目です。

職場は、介護施設以外に障害者施設、老人ホーム、医療機関、福祉用具販売会社など活躍できるところは多くあります。

介護福祉士は、高齢者・障害者・家族の介護を助けるために、介護のプロとして様々な介護現場で必要とされています。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

 介護支援専門員は国家資格ではなく公的資格になります。

受験資格も変更され今までは介護職員初任者研修や実務者研修の有資格者でも5年以上の実務経験があれば受験資格を得られていましたが、実質的には、平成30年度の試験からは、介護福祉士又は社会福祉士などの国家資格を取得してから5年以上の実務経験が必要となります。

受験要件が厳しくなっているので、今後ケアマネジャーの年間取得者数は、減少すると予測されます。

ケアマネジャーは、利用者本人に合った介護保険サービスを利用できるようにサポートを行うのが主な仕事です。

高齢者が自分らしく自立した生活を維持できるようにするため必要なケアプランを作成し、最適な介護サービスを提供できるよう他の専門職と連携を図り調整を行います。

職場は、介護保険施設、居宅介護支援事業所、デイサービス、デイケアなど多数あり、独立開業する方も少なくありません。

社会福祉士

 社会福祉士の職場は、公的機関から民間施設まで広範囲に渡り、高齢者施設、身体障害者施設、福祉事務所、母子生活支援施設、児童相談所など多数あります。

各機関や施設の職場では、児童支援員や生活相談員などの名前で呼ばれ、利用者から相談を受けて抱える悩みや問題に対応し改善できるように支援を行います。

介護保険法が2005年に改正され、地域包括支援センターには社会福祉士を置くことが義務付けられことから、相談援助業務の専門家としてより重要視されるようになりました。

社会福祉士の仕事は、利用者にとって最良の介護福祉サービスが行えるよう全体調整し、必要となる支援へつなげていくという重要な役割があるので、今後も必要とされる資格です。

社会福祉主事任用資格

 社会福祉主事任用資格は、社会福祉主事の養成機関又は定期講習会のカリキュラムを修了するか、社会福祉学、社会学、心理学など厚生労働大臣が指定する所定の関連3科目を大学・短大・専門学校などで履修することで取得可能です。

また社会福祉主事任用資格は、公務員採用された後、社会福祉主事として実務を行うことで名乗れる任用資格になります。

仕事内容は、行政機関である社会福祉事務所などで援助や保護が必要な方の相談・指導・援助業務を行います。

民間経営の介護事業者や福祉事業者が求人を行う際、社会福祉主事任用資格の有資格者が採用条件になっているところも少なくなく就職時には有利な資格でもあります。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

介護職員初任者研修の受講内容・研修カリキュラム
介護職員初任者研修の受講内容・研修カリキュラムについて解説しています。
スクーリング(実技演習)は介護職員初任者研修では必須
介護職員初任者研修では、通信講座でもスクーリング(実技演習)は必須です。ここでは、スクーリング(実技演習)について解説しています。
施設実習を体験できる初任者研修の受講メリット
介護施設で現場実習を体験できる介護職員初任者研修を受講することのメリットについて解説しています。
施設実習を体験できる初任者研修の実習内容
介護施設で現場実習が体験できる初任者研修の実習内容について紹介しています。
初任者研修と実務者研修の違いは何か?
初任者研修と実務者研修は、どちらも介護未経験でも受講できますが、その違いと迷っている方のために適切な選び方を紹介しています。
自分にピッタリ最適な介護職員初任者研修の選び方
自分のライフスタイルにピッタリ合った最適な介護職員初任者研修を選ぶには、自由時間と費用がどれだけあるかを考えて、スクール・教室を探すのがポイントです。
介護職員初任者研修の講座の良し悪しを判断するチェックポイント
介護職員初任者研修を開講しているスクール・講座を選ぶ際、その良し悪しを判断するチェックポイントについて解説しています。
費用と時間を節約する介護職員初任者研修機関の選び方
介護職員初任者研修を受講する際、費用と時間を節約しながら研修課程を受講できる研修機関・スクールの選び方について解説しています。
介護福祉士等を視野に入れた研修機関の選び方
介護福祉士等を視野に入れた場合の研修機関の選び方について解説しています。
働きながら介護職員初任者研修を受講する場合の注意点・選び方
在職中の方が働きながら介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
家事をしながら介護職員初任者研修受講する場合の注意点・選び方
主婦の方が家事をしながら介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
無職で介護職員初任者研修受講する場合の注意点・選び方
介護職に就くために無職の方が介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
学生から介護資格を目指す場合の注意点・選び方
学生の方で将来介護職に就くために介護資格を目指す場合の注意点や選び方について解説しています。
介護職員初任者研修を公的機関で受講する
介護職員初任者研修を公的機関で受講する場合のメリット・デメリットについて紹介しています。
介護職員初任者研修を民間機関で受講する
介護職員初任者研修を民間機関で受講する場合のメリット・デメリットについて紹介しています。

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能