介護士・ホームヘルパーに求められる役割とは

介護士・ホームヘルパーは「その人らしい生活」ができるように導くプロ

 ホームヘルパーに求められる真の役割とは何か、次に具体的な事例を挙げて考えてみましょう。

端的にいうと、自立した生活を営めるように、介護を必要とする利用者に対して、援助し手助けをすることがホームヘルパーに求めらえていることです。

 自分自身の普段の生活を振り返れば理解できると思いますが、自立した生活とは利用者が今まで通り生活の質を維持し、その人がその人らしく生きるために必要な行為をいいます。

夜になると寝て、朝起きると歯をみがき、食事をし着替えをして仕事に行く。
トイレにも行くし、用事があれば外出もし、仕事から帰れば入浴やシャワーで汗を流す。

これらは特別意識することなく、人間らしく生きるうえでみ皆が欠かせず行っている行為ですが、何らかの障害を身心に抱えていれば、この当たり前の行為を自力では行なうことは困難になります。

 もし、これらの行為ができない場合は、「どうしたらいいか」ということを考えるようになるはずです。

お風呂に入れなければ身体を拭くだけにしよう、トイレができなければオムツをしよう、着替えができなければ、同じ服装で当分暮らそうなど、もし、自分が同じような状況になった時に満足して生活できるでしょうか。

大多数の人が今まで通りの生活を送れているとは思えず、健康だった時に生活に戻りたいと願うはずです。

 では、健康だった頃の生活を再現するためには、どうすればいいのでしょうか。

介護士・ホームヘルパーは「お手伝いさん」とは違う

 健康だった頃と同じような生活環境を再現するには、自分だけではできません。

必ず他人の協力や不自由な身体を補助できる用具が必要です。

トイレに一人で行けなければ、ポータブルトイレをベッドの近くに置いて、カーテンで仕切りをして用を足すというようにすることが出来ますし、自力で歩行できなければ、車椅子や杖を使って移動するという手段があります。

このような福祉補助用具が、手足の代わりとなるわけですが、まだまだ自分らしい生活を送れていないと感じる方もいると思います。

車椅子を使用する場合、移動はできますが移乗するまでが大変で、時間も労力もかかるという人もいるに違いありません。

頼れる家族がいる方はいいですが、現在のように家族が少ない家庭では限界があります。

 そこで、道具ではなく介護士・ホームヘルパーという人の手が必要となってくるわけです。

その人がその人らしく生活することができるよう、どのタイミングでどのような援助をすればいいのか、プロフェッショナルな立場で見極めながら介助を行なうことが介護士の役割になります。

 よく家政婦とホームヘルパーを、同じような仕事だと思っている人がいますが、両者は役割が大きく異なります。

単に家庭内の生活の手伝いをするのがホームヘルパーの仕事ではなく、利用者ができることは自分で行い、自立した生活ができるように手助けするのが一番の役割になります。

 利用者が自立した生活をおくれるようにするには、「利用者の心身の状態」「利用者が希望としている生活環境」などを把握し、手を貸すべきタイミングと見守るべき状況を見極める能力が求められます。

介護士・ホームヘルパー 真の役割とは?

介護士・ホームヘルパー真の役割
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

介護ヘルパーの働き方と職場・所属先
介護ヘルパーの雇用形態と報酬から見た働き方、職場や所属先の種類・特徴について解説しています。
介護現場では介護士・ホームヘルパーが大幅に不足
超高齢社会になった日本の介護現場では介護士・ホームヘルパーが大幅に不足していますが、その現状について解説しています。
介護士・ホームヘルパー誕生の背景と歴史
介護士・ホームヘルパーが誕生した時代背景とその歴史過程について解説しています。
介護士・ホームヘルパーは地域社会から切望されている
介護士・ホームヘルパーは地域社会から切望され求められている大切な仕事です。
介護士・ホームヘルパー 主な活躍の場とは
介護士・ホームヘルパーが活躍できる在宅介護サービスとは何か?
在宅介護を支える基本的な3つの介護サービスとは
在宅介護を支える主な3つの介護サービス内容にについて。
訪問型在宅介護サービスとは
訪問型在宅介護サービスとは何か、その仕事内容は。
通所型・短期入所型介護サービスとは
通所型や短期入所型の介護サービスとは何か、その仕事内容は。
介護士・ホームヘルパーの3つのメイン業務
介護施設や訪問介護の介護士・ホームヘルパーが担う3つのメイン業務である身体介護、家事援助、相談助言について解説しています。
利用者の要望と提供する介護サービスとの線引き
介護の仕事では、利用者の要望に対し介護サービスの提供はどの範囲までやるべきか線引きが難しい仕事ですが、その判断基準について考えてみましょう。
介護と医行為との線引き
介護福祉士などの介護職員が行う介護と医行為との線引きについて紹介しています。
介護士・ホームヘルパーに必要な能力
介護士・ホームヘルパーが介護業務を提供するにあたって必要とされる能力について紹介しています。
一般的になった24時間介護サービス
現在では一般的になった24時間介護サービスと3交代制勤務について解説しています。
終末期介護(ターミナル・ケア)のメリット
終末期介護(ターミナル・ケア)の意義とメリット、時代背景について解説しています。
介護サービスの今後のあり方
介護サービスの今後のあり方について考察しています。
ホームヘルパーの主な仕事・立場と役割
ホームヘルパーとして譲ってはいけない立場や考え方、介護サービスを行う場合に果たすべき役割について解説しています。
ホームヘルパーに求められること・サービスの提供方法
ホームヘルパーとして、仕事に必要な考え方や取り組み姿勢、就業する際の所属機関の種類、介護サービス提供の方式などについて解説しています。
ホームヘルパーの1日の業務・収入とやりがいとの関係
常勤ホームヘルパーや登録ホームヘルパーの1日の業務、身体介護と家事援助の時給の差、収入とやりがいとの関係性などについて見ていきましょう。

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能