現場実習を体験できる初任者研修の実習内容について

 旧資格になるホームヘルパー2級講座の学習カリキュラムでは、施設での介護実習が資格取得の必須条件でしたが、初任者研修のカリキュラムでは任意となりました。

現在では希望すれば施設実習を体験できる初任者研修もありますが、実施してない講座も多くなってきました。

施設実習では、初任者研修などで学んだ介護の知識や技能を、介護施設などの現場で実践し実際の仕事を体験します。

実習内容は一般的には次の3つについて行われ、施設実習の日数はトータルで2日から3日程度が多いようです。

  • 入居介護施設での介護実習
  • 通所介護施設での介護実習
  • 訪問介護へ同行しての介護実習

介護現場での実習時間

 ホームヘルパー2級の現場実習カリキュラムを参考に紹介すると次のような内容になり、疑問やわからないことがあれば先輩ヘルパーに質問を行います。

実習場所

  • 訪問看護ステーション
  • 在宅介護支援センター
  • デイサービスセンター など

現場実習(30時間)

  • 施設実習:
    2日間で計16時間(特別養護老人ホーム、老人保健施設などでの介護実習)
  • 在宅同行:
    2日間で計8時間(在宅介護サービスの同行訪問)
  • 施設見学:
    1日間で6時間(デイサービスセンター、在宅介護支援センターなどの現場見学)

実技体験(42時間)

  • 基本の介護技術やコミュニケーション法などの実技体験

介護現場での実習にあたって心得ておきたいこと

 次の4点について介護施設や訪問介護の実習にあたっては、心得ておく必要があります。

@時間厳守
遅刻は当然厳禁ですし、当日の集合場所には、5〜10分ほど前には到着するようにします。

A身だしなみ
清潔で動きやすい服装であることが大原則で、派手な恰好や奇抜な色彩の衣服は着用はせず、アクセサリーなどもしないほうが安全です。

B言葉使い
ほぼ目上の方ばかりなので、名前を呼ぶ場合は「〇〇さん」で、言葉の語尾も「〜です。」と敬語で会話するのが基本です。

C実習の目的
成り行き任せではなく、自分が実習で学ぶべきポイントは何かを事前に明確にした上で、現場実習に入るようにしましょう。

介護施設での実習内容

 施設実習では、老人保健施設、特別養護老人ホーム、身体障害者施設、肢体不自由児施設などにおいて、施設の役割を理解し、実際の業務を体験し実習を通して介護技術を学んでいきます。

入居介護施設での介護実習

 入居介護施設での実習場所は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設など介護が常時必要な高齢者が入居している施設で、実際の利用者を相手に介護を行ないます。

当然ですが、介護職の初心者が現場に突然入っても戸惑うことになるので、オリエンテーションが事前に必ず行なわれます。

現場実習では介護職員が指導役となりその指示に従って食事介助や入浴介助など施設の介護職員が行っている業務を体験します。

実習場所
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 身体障害者療護施設
  • グループホーム など

通所介護施設での介護実習

 通所介護施設での実習場所は、自宅から通所して介護サービスを受けるデイサービスセンターや訪問看護ステーションなど訪問介護以外の在宅サービス施設になります。

ここでは、デイサービスセンターなどが果たしている役割や利用者への支援の仕方を見学したり、実際の介護サービスの実務を体験します。

実習場所
  • デイサービスセンター など

訪問介護へ同行しての実習内容

 訪問介護へ同行しての介護実習では、利用者宅へ現職の介護スタッフに同行して訪問し、実際の在宅介護業務を見学・体験して、利用者の生活の質を維持したり自立を促すことができるような介助方法や援助方法などを学びます。

 先輩介護ヘルパーに同行しますが、面識のない他人のお宅ですから、目のやり場にも注意したいものです。

初めて他人の家に来て辺りをジロジロ見回ることは行儀のいいことではありませんが、観察するという意識を持って見ることは大事です。

家庭や生活の状況、援助の仕方、介護サービスの効果や有効性、施設介護と訪問介護とは何が違うのかなど、視覚も聴覚もフルに働かせ、在宅介護という仕事を様々な視点から把握し理解するように努めましょう。

施設実習・訪問介護同行を体験することのメリット

 施設実習で実際の介護現場を体験することにより、現場で活用できる介護技術が習得でき、現場の雰囲気や業務内容を理解することで、不安感を和らげることができ安心して就職活動に臨むことができます。

メリット

  • 介護現場でしかわからない介護技術を体験できる
  • 介護職に対するやりがいなどを介護現場を実際に体験することで感じることができる
  • 家族介護や職場ですぐに実践できる介護技術が学べる

 以上のように、演習や机上の理論だけでなく実際の現場に接するのは大変緊張すると思いますが、その緊張感こそが、これから介護スタッフとしての第一歩であると考えるようにしたいものです。

どのような仕事であっても、初心を忘れた頃に事故や失敗を起こしやすいので、適度な緊張感を保ち集中して仕事を行うという姿勢は大切です。

実際、介護スタッフとして働くようになった場合でも、現場実習の際の緊張感を思い出して仕事に臨んでほしいと思います。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

介護職員初任者研修の受講内容・研修カリキュラム
介護職員初任者研修の受講内容・研修カリキュラムについて解説しています。
スクーリング(実技演習)は介護職員初任者研修では必須
介護職員初任者研修では、通信講座でもスクーリング(実技演習)は必須です。ここでは、スクーリング(実技演習)について解説しています。
施設実習を体験できる初任者研修の受講メリット
介護施設で現場実習を体験できる介護職員初任者研修を受講することのメリットについて解説しています。
初任者研修と実務者研修の違いは何か?
初任者研修と実務者研修は、どちらも介護未経験でも受講できますが、その違いと迷っている方のために適切な選び方を紹介しています。
自分にピッタリ最適な介護職員初任者研修の選び方
自分のライフスタイルにピッタリ合った最適な介護職員初任者研修を選ぶには、自由時間と費用がどれだけあるかを考えて、スクール・教室を探すのがポイントです。
介護職員初任者研修の講座の良し悪しを判断するチェックポイント
介護職員初任者研修を開講しているスクール・講座を選ぶ際、その良し悪しを判断するチェックポイントについて解説しています。
費用と時間を節約する介護職員初任者研修機関の選び方
介護職員初任者研修を受講する際、費用と時間を節約しながら研修課程を受講できる研修機関・スクールの選び方について解説しています。
介護福祉士等を視野に入れた研修機関の選び方
介護福祉士等を視野に入れた場合の研修機関の選び方について解説しています。
働きながら介護職員初任者研修を受講する場合の注意点・選び方
在職中の方が働きながら介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
家事をしながら介護職員初任者研修受講する場合の注意点・選び方
主婦の方が家事をしながら介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
無職で介護職員初任者研修受講する場合の注意点・選び方
介護職に就くために無職の方が介護職員初任者研修を選ぶ場合の注意点や選び方について解説しています。
学生から介護資格を目指す場合の注意点・選び方
学生の方で将来介護職に就くために介護資格を目指す場合の注意点や選び方について解説しています。
介護職員初任者研修からキャリアアップできる資格
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得後、さらに介護福祉士などを目指す方の為に、キャリアアップ・ステップアップの仕方について解説しています。
介護職員初任者研修を公的機関で受講する
介護職員初任者研修を公的機関で受講する場合のメリット・デメリットについて紹介しています。
介護職員初任者研修を民間機関で受講する
介護職員初任者研修を民間機関で受講する場合のメリット・デメリットについて紹介しています。

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能