地域密着型サービスで働く介護職員初任者研修の職場・仕事内容

 認知症の高齢者や寝たきりなど中重度の要介護高齢者が、住み慣れた自宅や地域で継続して生活を送れるように、地域に密着してその状況に柔軟に対応できるサービスとして提供されているのが地域密着型サービスです。

 夜間訪問介護や1事業所で訪問・通所・宿泊のサービスを提供するなど様々な介護サービスを提供しています。

事業所の指定は市町村が行い、原則としてその地域の住民が利用可能となっています。

ここでは、それらの介護事業所について解説しています。

地域密着型サービスで働く介護職員初任者研修の職場記事一覧

夜間対応型訪問介護の仕事内容

 夜間対応型訪問介護では、自宅で生活している要介護者に対して定期または随時に訪問し、夜間も含め24時間体制で介護サービスが提供されています。特に、訪問日程があらかじめ決まっている定期訪問に加えて、利用者から要請があった場合は、夜間でも随時訪問し迅速に対応する点が大きな特徴です。夜間対応型訪問介護は夜...

≫続きを読む

 

小規模多機能型居宅介護の仕事内容

 小規模多機能型居宅介護は、訪問介護サービス・通所介護サービス・宿泊での介護サービスを利用者や家族の事情や状況によって適切に使い分けて適宜利用できる便利な介護サービスになります。小規模多機能型居宅介護は訪問・通所・宿泊の3つの介護サービスを利用できる 要介護者が対象になっているサービスを小規模多機能...

≫続きを読む

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の仕事内容

認知症対応型共同生活介護は認知症の方が共同生活をする施設 一般的にはグループホームという言葉をよく耳にしますが、これは認知症対応型共同生活介護の別名です。高齢者で認知症疾患のある要介護者を対象とした介護サービスになり、5人から9人で一緒になって家庭と同じような雰囲気を味わいながら暮らすことができるた...

≫続きを読む

 

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護の仕事内容

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護とは地域密着型特養とは何か? 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、地域密着型特養とも言われており、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で定員29人以下の施設に高齢者が入居し、日常生活を送る上で必要となる食事・排泄・入浴などの手助け、機能訓練、療養する...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能