介護職として知っておくべき介護の基礎知識について

衣食住をより快適にし、高齢者や障害者が日常生活を暮らしやすくするために、住まいの事や家事援助など介護の基本知識や実施方法についてのポイントや注意点を、要点を絞り簡潔でわかりやすく解説しています。

また、介護者の健康管理、ケアマネジメント、介護の記録方法や報告の仕方についても紹介しています。

理解しておきたい介護の基礎知識記事一覧

介護の基本原則・在宅介護のポイント

介護とは何か? 介護とは要介護者の意思を尊重し、安全性を確保しながら地域や社会との関わりを維持していけるようにするのが介護の基本です。適切な介護とは専門的な介護の知識と技術に基き、自立を促すことを前提にして、生活援助や身のまわりの世話を介護職が行うことです。介護と介助の違いとは 介護を行う際、本人に...

≫続きを読む

 

移動介助と介護ヘルパーの健康管理

要介護者が移動で使用する福祉用具の種類 要介護者が社会と接点を持ち続けていくためには、自分にあった杖・歩行器・車いすなどの選び方を知り、安全に移動できる手段を確保することが大事です。自分に合った杖の選び方 自分の身体に合った杖を使用しないと、疲労が蓄積し予期せぬ事故の原因となります。自分の体に適した...

≫続きを読む

 

高齢者・認知症の介護のポイント・留意点

高齢者介護のポイント・留意点 高齢になり一人暮らしをしている方は孤立する場合が少なくありません。年を重ねると誰もが心身に衰えがみられますが、他人に干渉されたくない面倒をかけたくないなど、特に高齢者はプライドが残っていることが多いのも事実です。ホームヘルパーや介護職は、利用者の表面上の言動だけでなく、...

≫続きを読む

 

障害者介護の特徴と留意点・家族の心理状態

障害者介護の特徴と障害者の心理状態 障害者を抱えた成人や児童の介護を行う場合は、障害者独特の心理状態を理解し、単に元気づけるために無責任な励まし方をしたりせず、身体面での介護だけでなく、心理的側面からのサポートも行えるようにします。障害による特有の心理知的障害者特有の心理状態 主体的に自ら行動するこ...

≫続きを読む

 

家事援助の目的と実務内容

介護保険法に基づく家事援助の目的と内容 利用者の日々の生活をサポートする上で、介護サービスの中でも特に家事援助が基本となり、個人の家庭に入り込む事になるため、利用者やその家族との信頼関係を築くことが大切になります。家事援助の内容 家事に関する援助には、買い物・料理・調理・掃除・洗濯などがあり、これ以...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーによる食生活の援助方法

ホームヘルパーによる食生活(栄養・衛生)の援助方法 食事はバランスよく必要な栄養を十分摂取することで人の身体を支えることが出来ます。ホームヘルパーは利用者の調理を行う場合は栄養面に配慮し、保存する場合は衛生面に十分注意することが食生活援助の基本です。1日に必要な食品の量とカロリーの目安 食事は量だけ...

≫続きを読む

 

要介護者の自立の為の安全で快適な住まい造り

要介護者にとっての安全・快適な住居とは住まいが果たす機能と役割 住宅には、単に人が住むという場所という以外にも、次のような機能があります。天候の変化など外的環境から身を守り、安全と健康を確保する場。家族や隣人と触れ合い、交流を重ねたり地域文化を守っていく場。趣味や物造りを行う場。介護を要する高齢者や...

≫続きを読む

 

要介護者の生活をサポートする福祉用具・掃除・ゴミ出し

要介護者の生活を助ける福祉用具要介護者が自立するための第一歩とは 要介護者が自立して生活できるようになるにはベッドからの起き上がりやポーダブルトイレなどを使用して自分で排泄できるようにすることが自立への第一歩となります。要介護者が自分で起き上がりや排泄ができるようになると、介護する側の負担は大きく軽...

≫続きを読む

 

ケアマネジメントの実施手順・介護記録の種類と作成方法

ケアマネジメントの目的と実施手順 介護サービスを提供する場合、総合的観点から計画を策定し、計画に基づいての実施、実施後は状況や進捗を管理する必要があります。特に介護ヘルパーは、利用者と最も身近に接しケアを行っているで、利用者の要望や日々の状態、体調や容態の変化などが正確に把握できるため、ケアマネジャ...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能