認知症の予防対策|介護職員初任者研修の認知症ケア知識

認知症の予防

 

瓢認知症になる危険因子
 ある条件をもった人が,そうでない人に比べて,ある疾患にかかる率が高い場合,
その条件のことを,その疾患の危険因子といいます。
 アルッハイマー型認知症においては加齢が最も確かな危険因子であり,発病率・有
病率は若干女性に多いようです。血管性認知症も加齢が影響しますが,アルツハイマー
型認知症ほど密接ではありません柿管性認知症の最も重要な危険因子は,中年から
の高血圧尺±2ユ高血圧の危険因子はすべて血管性認知症の危険因子といってよいで
しょう。                 〉
 どちらの認知症も,食事・運動・知的活動などの生活習慣に左右されることに留意
しましょう。

 

 

・認口症予防の対策
フッハイマー型忍知症と血管性認知症の危険因子をコントロールし,その対抗策
としての緩和因子を強めることが,認知症の予防対策として取り上げられています。 

 

図4-8に示したように,老化の坂を認知力が下降していく際,危険因子がさらに促
進させることを,緩和因子によって抑制することが認知症の予防になります。
 特に,認知症の前段階と考えられる軽度認知障害(MCI)群を対象として,回想法
゜(⇒157頁参照)や音楽療法・(4157頁参照)など脳活性リハビリテーションといわれる具
体的な試みがなされています。

 

 

図4-8参照

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

脳機能と認知症
介護職員初任者研修などの有資格者が理解しておくべき、脳機能から見た認知症状、老化による脳細胞の変化などについて解説しています。
認知症の特徴
介護職員初任者研修などの有資格者が理解しておくべき、認知症の特徴や認知症高齢者数などについて解説しています。
もの忘れと認知症の違い
もの忘れと認知症の違いについては、介護職員初任者研修などの有資格者はしっかり理解しておくべきです。
認知症に似た症状
認知症に似た症状については、介護職員初任者研修などの有資格者はしっかり理解しておくべきです。
認知症の中核症状
認知症の中核症状とは何かについて、介護職員初任者研修などの有資格者は正確に理解しておく必要があります。
認知症の心理症状
認知症の心理症状とは何かについて、介護職員初任者研修などの有資格者は的確に理解しておくことが大切です。
認知症の行動症状
認知症の行動症状とは何かについて、介護職員初任者研修などの有資格者は的確に理解しておくことが大切です。
認知症の意識障害
認知症と意識障害の関連性について、介護職員初任者研修などの有資格者は注意する必要があります。
アルツハイマー型認知症とは
介護職員初任者研修の基礎知識、アルツハイマー型認知症について解説しています。
血管性認知症とは
介護職員初任者研修の基礎知識、血管性認知症について解説しています。
レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症とは
介護職員初任者研修の基礎知識として、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症について解説しています。
クロイツフェルトヤコブ病、慢性硬膜下血腫とは
介護職員初任者研修の基礎知識として、クロイツフェルトヤコブ病、慢性硬膜下血腫について解説しています。
認知症の診断方法の種類
介護職員初任者研修の基礎知識、認知症の各種診断方法について解説しています。
認知症の治療方法とは
介護職員初任者研修の基礎知識、認知症の治療方法について解説しています。

 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能
ページトップへ戻る