介護士・ホームヘルパーの仕事における役割と責任

 介護職員初任者研修を修了し資格を取得した後、介護士・ホームヘルパーとして介護の現場で働くことになりますが、ここでは在宅介護サービスの仕事内容と現状について解説しています。

介護士・ホームヘルパーの仕事とは記事一覧

介護ヘルパーの働き方と職場・所属先

介護ヘルパーの働き方の実態 介護職には多様な働き方があり、地域や施設によっても、制度や雇用システムは異なっており、一定ではないので、自分のライフスタイルに合った働き方が自由に選べることが魅力の一つでもあります。介護職の勤務形態や働き方は様々 介護職としての働き方には、いろいろな形態があり多種多様で、...

≫続きを読む

 

介護現場では介護士・ホームヘルパーが大幅に不足

 実際の介護現場では、介護士・ホームヘルパーが多く不足しており、介護業界の人材不足は、今後も続くと予想されています。超高齢社会では介護士が更に必要となる 現在の日本は、65歳以上の高齢者が4人に1人という超高齢社会になっており、数十年前と比較すると社会の様子が大きく変化しています。高齢者が多くなった...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパー誕生の背景と歴史

介護士・ホームヘルパー、元々の始まりは「家庭奉仕員」から 最初は自治体の福祉サービス事業として1950年から60年代にかけ「家庭奉仕員」という名称で、ホームヘルプを目的とし各家庭に派遣されていました。これが現在の訪問介護に於けるホームヘルパーの始まりです。当時は、社会福祉協議会などが委託を受け行って...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパーに求められる役割とは

介護士・ホームヘルパーは「その人らしい生活」ができるように導くプロ ホームヘルパーに求められる真の役割とは何か、次に具体的な事例を挙げて考えてみましょう。端的にいうと、自立した生活を営めるように、介護を必要とする利用者に対して、援助し手助けをすることがホームヘルパーに求めらえていることです。 自分自...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパーは地域社会から切望されている

地域社会から重視され必要とされている介護職 介護士・ホームヘルパーに対する需要や期待は、少子超高齢社会の現在では、急速に高まっています。全国各地で行われている介護職員初任者研修は、どこも受講生が多い状況で、それにともなって介護士・ホームヘルパーになろうという人も徐々に増えています。介護保険制度が平成...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパー 主な活躍の場とは

在宅介護を支えるのは訪問介護サービスだけではない ここでは、介護士が活躍する在宅介護サービスの仕事内容について詳しく見ていきましょう。介護職員は、医療機関や介護・福祉施設などでも多く働いていますが、在宅介護サービスに携わっているホームヘルパーの仕事内容に絞って紹介したいと思います。在宅で生活をしてい...

≫続きを読む

 

在宅介護を支える基本的な3つの介護サービスとは

基本的な3種類の介護サービスをトータル的に活用することが重要 介護士を志す人も中には、介護サービス利用者の自宅に訪問し、介護を行うことだけがホームヘルパーの主な仕事だと思い込んでいる人もいます。訪問介護サービス自体の人材も不足しており、訪問介護サービスの職種に興味を抱くことは、個人の考え方であり悪い...

≫続きを読む

 

訪問型在宅介護サービスとは

 介護保険が適用される主な3種類の在宅介護サービスの内、在宅訪問介護の実際の現場では具体的にどのような業務を行うのか訪問型介護サービスについて紹介します。訪問型で提供する主な介護サービスには、訪問介護と訪問入浴介護の2つがあります。訪問介護について 利用者自身が生活の質を保つために必要な家事などを生...

≫続きを読む

 

通所型・短期入所型介護サービスとは

通所型は利用者が日中通って介護を受けるサービス 一般的にデイサービスと呼ばれる通所型サービスには、通所介護と通所リハビリ(デイケア)の2つがあります。通所介護は、生活上の援助を重視したサービスで、通所リハビリ(デイケア)は、リハビリテーションなどに重点が置かれたサービスになります。 通所介護と通所リ...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパーの3つのメイン業務

「身体介護」「家事援助」「相談助言」が介護のメイン業務 高齢化が進むなかで国の政策により施設入居が年々厳しくなり、在宅介護が重要になっていますが、それを担うのが訪問介護のホームヘルパーです。ここでは、ホームヘルパーを目指す方のために現場での仕事内容について詳しく解説していきましょう。 一般的に介護職...

≫続きを読む

 

利用者の要望と提供する介護サービスとの線引き

介護サービスの提供範囲と利用者の要望とのズレ 利用者の要望内容に対して、どこまで介護サービスを提供すればよいのかということは、以前から話題に挙がっていますが線引きしずらい問題です。介護現場では、物や心の両面から利用者の生活の質(QOL)の向上を目指すことに注力し、介護職員は介助や援助を行います。介護...

≫続きを読む

 

介護と医行為との線引き

介護ヘルパーができる医療行為とは 介護現場の仕事で、どこまでするかの線引きで悩むこととしては、医療行為にあたるかどうか判断しずらい場合の対応があります。特に病気や老衰で寝たきり状態などにある利用者の場合、介護士は家族から次のようなことを手助けしてほしと要望されることも有ります。点滴の刺針・抜針点滴を...

≫続きを読む

 

介護士・ホームヘルパーに必要な能力

 介護のプロとして最適な介護サービスを提供するには、介護職員は次のような能力を身に付け発揮する必要があります。日頃から次のような内容について想定し、どうするか具体的な対応方法を考えて準備しておくことが大切です。自己判断能力について 訪問介護のホームヘルパーや施設の介護職員は、状況に応じて的確に自己判...

≫続きを読む

 

一般的になった24時間介護サービス

利用者が介護サービスを利用したい時間帯は 最近では24時間365日の介護サービスは普通に行われています。健常者であっても要介護者であっても生活は24時間365日続いていますが、核家族化が進んでいる現状では、家族だけで介護を全て担うことは無理があります。よって、同居している家族が用事で外出したり、夜寝...

≫続きを読む

 

終末期介護(ターミナル・ケア)のメリット

 終末期介護・終末期医療とは、別名ターミナル・ケアとも言われています。ターミナル・ケアとは、病気などを患った方に対して治療を続けても回復する見込みがなくなり、死期が迫っている患者に対して行う援助のことを言います。単なる延命医療とは異なり、死を迎えるまで利用者自身の意思や人格を尊重したトータル的な介助...

≫続きを読む

 

介護サービスの今後のあり方

介護保険制度による現場は今後どうなっていくのか 2000年にスタートした介護保険制度ですが、現在では、4人に1人が65歳以上で、介護を担える若い世代は減少の一途をたどっています。要介護度1〜5と認定されている方も2015年時点で450万人ですが、2025年には600万人以上に達すると試算されています...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーの主な仕事・立場と役割

ホームヘルパーの仕事は利用者のニーズが基点となる 在宅支援サービスを提供するホームヘルパーの仕事は、高齢者や障害者が自立して生活できるようにするため、家事や身のまわりの介助などのお世話や手助けを行う職業です。健康で安心した生活を長年暮らした愛着のある地域で送りたいという思いを実現し、最低限の生活環境...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーに求められること・サービスの提供方法

介護職員・ホームヘルパーとして求められること利用者とホームヘルパーとの関係性 外見上、高齢者などのお世話やお手伝いをしてあげるのが、ホームヘルパーの仕事というイメージがありますが、介護サービスが目的とする理念や本質は異なります。特に注意すべき点は、困った人を助けてあげているという考え方で、単に上の立...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーの1日の業務・収入とやりがいとの関係

ホームヘルパーの1日の業務内容主任職にある常勤介護ヘルパーの1日の業務内容 チームをまとめるリーダークラスの介護ヘルパーの場合、午前の勤務時間帯では、事務所に朝出勤すると、事業所全体でのミーティングが行われ、終了後に利用者宅へ訪問を行います。午前に訪問するのは概ね1ヶ所で2時間くらいの滞在時間になり...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能