施設サービスで働く介護職員初任者研修の職場・仕事内容

 介護保険施設には、次の3種類があり、要介護1〜5の認定を受けた人が利用することが可能で次のような特徴があります。
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)⇒中重度中心
  • 介護老人保健施設⇒病院から家庭への中間施設
  • 介護療養型医療施設⇒医療が重点

 これらの施設では、介護や看護、リハビリテーション、療養などを受けることができますが、入所待機者が多いのが現状です。

施設サービスで働く介護職員初任者研修の職場記事一覧

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の仕事内容

 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、要介護度3以上で常時介護が必要となる65歳以上の高齢者で自宅で日常生活をおくることが困難な方が入居できる施設です。入所者は、食事・排泄・入浴などの介護、身体の機能訓練、健康管理などの介護サービスを利用することが可能です。介護老人福祉施設は要介護度3以上の常...

≫続きを読む

 

介護老人保健施設の仕事内容

 介護老人保健施設は、福祉及び医療の2つの側面からサービス提供を行い、利用者が病院から自宅へ復帰し家庭生活を再び送れるように支援を行うという点がこの施設の特徴で、医療機関と家庭との仲介役を担っています。さらに、家庭復帰をサポートするだけでなく、施設を退所する前や後の指導や自宅に帰ってからも居宅サービ...

≫続きを読む

 

介護療養型医療施設の仕事内容

 介護療養型医療施設は、長期に渡り医療的に治療を要する慢性期疾患の要介護者が利用対象となり、医学的な角度から管理されたメニューに基づいた介護、身体の機能訓練、看護、療養する上で必要となる管理などのサービスを行う施設です。介護療養型医療施設は長期療養者に医療サービスを提供する施設 介護療養型医療施設は...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能