介護職員初任者研修の基本知識

 介護職員初任者研修の資格取得後、介護福祉の仕事を志す者が絶対に押さえておくべき基本知識について解説しています。

介護職員初任者研修の基本知識記事一覧

介護職員初任者研修 講議編(基本知識・介護福祉制度)

 介護職員初任者研修では、具体的にどんなことを学ぶのでしょうか?スクールや研修機関が学習カリキュラムの詳細について、それぞれで作成しています。 ただし、「このような内容にすることが望ましい」という指針(ガイドライン)を厚生労働省が提示しているので、ほぼ全てのカリキュラムがこの指針に基づいて作成されて...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 講議編(介護の知識と実践の理解・介護マネジメント)

具体的な介護の知識と事例に基づいた実践の理解 まず講義では、身心に対する障害にはどんな種類があるのか、また、それぞれの障害に対してどんな対応をとればいいのかということについての基本知識や方法を習得します。障害については、専門性の高い医学的な知識も含まれるため、理解しにくい内容や疑問点については担当講...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 実技編(利用者との信頼関係)

 初任者研修の講義が修了した後は、実技演習へと移っていきますが、ロールプレイ方式で介護技術の演習が行なわれます。利用者役とホームヘルパー役とに受講者が役割を交代し、実際の現場を想定し介助する側、介助される側の立場で交互に介護技術の訓練を実施していくやり方がロールプレイという演習方法です。 初任者研修...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 実技編(介護技術と緊急対応)

介護技術は、覚えるより理解する事が重要 実技演習では介護技術の基本を習得していきます。介護の基本になる体位交換や移動介助、排せつや入浴介助、衣服の着脱、食事介助、調理援助などについて演習が行なわれていきます。介護技術を初めて学ぶ人にとっては、基本的な技術とはいえ、細かく難しく感じるかもしれません。や...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 実技編(介護記録とレクレーション)

介護の記録や報告も大切な業務 介護技術の基本をひと通り学んだら、次にそれらを念頭に於き、介護業務を行った後の記録や報告の仕方などの知識、介護計画の作成方法などについて学んでいきます。 利用者の介護計画を実際に作成することは、介護現場で働く介護士やホームヘルパーの場合、ほとんど機会がないかも知れません...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 別に学んでおきたいこと

 介護職員初任者研修さえ受講修了すれば、介護士・ホームヘルパーとしての知識や技術はある程習得できたと思う人もいるかもしれませんが現実はそんなに甘くありません。介護研修では正しい方法を教えてはくれますが、現場で接するのは生身の人間なので、全て研修で習った通りにいくとは限りません。介護士・ホームヘルパー...

≫続きを読む

 

介護職員初任者研修 更なる技術向上を目指す

 介護職員初任者研修で学ぶ以外にも、日常の生活のなかで介護技術向上の為にできることは、他にも次のようなことがあります。声かけの練習や表情のチェックをする 例えば、ボイスレコーダーなどに自分がしゃべった声を録音して後で聞き直し、言葉の使い方・抑揚などをチェックし、他人が聞いても不快感を感じないかどうか...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能