介護職員初任者研修 認知症ケアの基礎知識と介護・介助方法

 このカテゴリでは、認知症の特徴と症状、認知症の種類、治療・予防方法、介護職としての認知症ケアの基礎知識などについて解説しています。

介護職員初任者研修 認知症ケアの知識と技術記事一覧

脳機能と認知症

認知症と脳機能の関連性 介護職員初任者研修の有資格者として介護職に携わるには、認知症と脳機能の関連性などの基本知識を理解しておくことも大切です。脳が果たしている機能 人は現実社会や日常生活上で遭遇する様々な出来事や事柄を正確に認識し、よりよい人生を送るために外界から得た情報を整理していますが、これは...

≫続きを読む

 

認知症の特徴

 介護職員初任者研修の資格取得後、介護職として働く場合、認知症の特徴や脳機能などについて知っておくことが必要です。認知症って何? 社会人になってから発生する認知機能の障害のために一般的な暮らしに困難をきたした症状を認知症と呼びます。これとは逆で、生まれつき、もしくは生育期に認知機能の異変が見られるケ...

≫続きを読む

 

もの忘れと認知症の違い

 介護職員初任者研修の修了後、介護施設などで勤務する場合、認知症ともの忘れの違いや特徴などについて認識しておくことが大切です。認知症の場合の忘れ方の特徴少し前に体験したことでも体験そのものを全て忘れてしまう 通常、健康体である私たちは、過去に行動したり会話をしたり体験したことに対して、もの忘れをする...

≫続きを読む

 

認知症に似た症状

 介護職員初任者研修で介護技術を習得後、介護施設等において業務につく際、認知症とせん妄とうつ病の異なる部分や特異性等に関して分かっておくことが必須となります。うつ病とせん妄の状態は、認知症と勘違いするような症状を表す場合があります。うつ病で現われる症状 私たちは、健康状態が良くなかったり、本業が芳し...

≫続きを読む

 

認知症の中核症状

 介護職員初任者研修の資格を取った後、介護ヘルパーとして仕事に関わる場合、認知症の代表的な中核症状とは、どのような状態なのか基礎知識をしっかりと学んでおくことは業務に有益です。認知症の代表的な中核症状とは 認知症の高齢者だからといって、物事について何もかも理解できなくなったり、わからなくなったりする...

≫続きを読む

 

認知症の心理症状

 介護職員初任者研修を履修した後、現場で介護スキルアップを図るには、BPSDにおける心理症状とは何か各症状をよく理解しておくことが重要です。BPSDにおける心理(精神)症状とは心気状態・不安感について 抑うつ気分、焦燥感、不安感に関しては、認知症の初期段階における精神症状として注意が必要です。気分が...

≫続きを読む

 

認知症の行動症状

 介護職員初任者研修で学習した介護知識の中でも、今後も増加し続けるであろう認知症の行動症状について正確に理解しておくことが、大変重要になってきます。BPSD(行動・心理症状)中の行動症状について徘徊、帰宅行動について 認知症の方は、わが家からお出かけした際、時間が経つにつれて家路が判断できなくなり、...

≫続きを読む

 

認知症の意識障害

 介護職員初任者研修で介護技術や知識を履修し、介護現場で活躍する場合、認知症と意識障害についても学習しておくことが望ましいと思います。認知症介護とせん妄(意識障害)の関係性 介護士が介護施設など実際の現場で認知症ケアを行う場合に、一番注意を払う必要がある症状が混濁などの意識障害になります。混濁などの...

≫続きを読む

 

アルツハイマー型認知症とは

 介護職員初任者研修で介護の勉強を行い実際の介護現場で仕事をする際、認知症の中でも最も患者数の多いアルツハイマー型認知症については、よく理解しておくことは大変重要です。アルツハイマー型認知症の病態 アルツハイマー型認知症は、精神科医でドイツ人のアルツハイマーが1906年に認知症の疾患として、その病状...

≫続きを読む

 

血管性認知症とは

 介護職員初任者研修に参加し介護専門知識を履修して、将来介護現場で働きたい方は、血管性認知症についても知っておくことはすごく大切です。血管性認知症の病態・症状発作型とは 脳内の血液が正常に循環せず障害が起こることで脳血管障害が発症しますが、この主な原因としては、生活習慣病である糖尿病、高血圧、脳動脈...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能
ページトップへ戻る