介護保険制度2006年度改正後の状況について

介護保険制度2006年度改正後の状況記事一覧

介護保険の成り立ち

家族中心の介護から社会全体による介護へ移り変わった社会背景 ここでは、介護保険制度が施行されるようになった当時の時代背景と流れについて振り返ってみたいと思います。長期化・重度化する高齢者の介護 老後の生活を送るほとんどの高齢者が、生まれ育った自宅で子や孫など家族と一緒にのんびりと暮らしたいと考えてい...

≫続きを読む

 

介護保険制度の内容・サービスの基礎知識

介護保険制度とはポイント1 従来、高齢者への医療や福祉サービスは、老人保健と老人医療の2本立てで提供されてきましたが、次のような問題が表面化してきたため、これらの欠点を解消するために、医療福祉制度を合理化して、利用しやすくした仕組みが「公的介護保険制度」というものです。高齢者医療費の負担割合の占有率...

≫続きを読む

 

介護保険法が目指す方向性

従来の老人福祉法、老人保健法の限界 介護保険制度以前の高齢者介護については、老人福祉法、老人保健法の2つの制度で行われていましたが、この2制度では、社会環境の変化により福祉サービスの限界に達しつつある状況に陥っていました。老人福祉制度は行政が老人福祉法に基づき行っていましたが、税金により運営されてい...

≫続きを読む

 

2006年度の介護保険制度改正内容とポイント

2006年度介護保険制度の改正ポイント 2006年4月に介護保険制度が改正され現在に至っていますが、提供する介護サービスの内容も変更になりました。当時の主な改正ポイントを列記すると、次のような内容になります。従来の要介護1の一部も含む要支援が「要支援1・2」と2段階に分類されることになり、要介護度の...

≫続きを読む

 

介護予防の改正ポイントについて

介護士に求められる技能は徐々に高度化している 介護保険の制度改正が実施されてから必要とされる技能やそれを身につけるために何が必要となったのかを考察してみたいと思います。 最初に「介護予防」についてですが、これは全部の介護サービスに共通していることで「要介護度が上がり悪化することを防止する」という考え...

≫続きを読む

 

地域密着型サービスの改正ポイントについて

地域密着型サービスの概要 地域密着型サービスでは、利用者の生活背景やチームケアについて、より深い知識が必要となります。地域密着型サービスの内容は次の6種類があります。小規模多機能型居宅介護夜間対応型訪問介護認知症対応型通所介護認知症対応型共同生活介護(グループホーム)地域密着型特定施設入所者生活介護...

≫続きを読む

 

2006年以降の介護職員新研修カリキュラムのポイント

 現在行われている介護職員初任者研修は、以前実施されていたホームヘルパー2級研修からどのような点が変更になったのでしょうか?従来のホームヘルパー2級研修ではあまり扱われない、もしくは重点的に教えられることのなかった「認知症の理解」、「医療との連携」、「生活支援のためのアセスメントとプラン」に関する項...

≫続きを読む

 

高齢者・障害者のための福祉サービス制度

高齢者のための制度とは高齢化社会と高齢社会の違い 高齢化率とは、65歳以上の高齢者が全人口に対して占めている割合のことを指します。高齢化社会は、65歳以上の高齢者の占める割合が全体の7%を超えた状態を指します。高齢社会とは、この割合が14%を超えた状態のことを指します。日本では、この割合が15%弱の...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

ページトップへ戻る


 
初任者研修の
資格取得方法
初任者研修の
講座を徹底比較
全国の初任者研修
開講スクール
介護士の
仕事と役割
介護士の実務内容
と基本技能