出産後も育児と両立しやすい介護職だが実態はどうか

出産後の介護の仕事と子育て

介護職員初任者研修やホームヘルパーなどの介護資格を取得して介護現場で働いていた女性が結婚し出産した後、育児休業の期間中ぐらいは育児を大切にしたいけれど仕事を再スタートすることが必要であるなど、近頃は女の人でも経済的責務を負うことが求められる状況が多くなっています。

かつ多くの懸念を背負いつつ、子供を産んだ後いち早く仕事に戻る女性が増大中です。

加えて育児に求められる今後の金銭面のみならず、生計をバックアップするということからも、1日でも早く子供を産んだ後に改めて仕事先を見つけたいと感じている女性もたくさんいます。

現段階ではいまだに子供を産んだ後の女性が難なく仕事を得ることを目的とした確立された仕組としての育児支援や、保育園や託児所の充足といった社会環境は物足りないといえます。

このような環境の中でワーキングマザーになる意欲があるのであれば、幾つもの事前準備が子供を産んだ後の育児と現場復帰の気掛かりを緩和させてくれる可能性があるので、妊娠中からそれ相応の決意を固めておくことが必要不可欠だと思います。

また、子供を産んだ後の女性の体調は妊娠中と同じで、心と体に多くの変化が発現します。これに伴って然るべきケアを怠ると多くの異変に陥る不安もあると考えられます。

特に出産した後約5週間前後は、骨盤や子宮が元の健全な状態にすぐには戻らないことも十分あり得ます。

出産した後、5週間前後の期間中に体に無理な負担をかけたりすると、後々心身ともに悪影響を与えかねない更年期障害などで悩む期間が長引く可能性もあります。

育児や家事に専念できる専業主婦の母親と比べると、当然子供と接する時間は少なくなるものです。

お休みの日が施設介護や訪問介護に割り当てられてしまっては、お子さんと接する時間は、ますます減ってしまうでしょう。

自分自身の身体をいたわり、きっちり自己管理を行いつつ、積み上げてきた周囲からの信頼や職責、苦労と努力の結果で手に入れられた仕事を今後も継続させていくためにも、育児に対しての影響を最低限度にとどめながらワーキングマザーという暮らし方を上手くスタートさせて少しずつでも1日1日を充実させてしていきたいものです。

35歳転職限界説は介護業界には当てはまるのか?

再就職の際、無難に対応するというだけでなく、悪い印象を与えないというのが、他業種から介護職への転職の理由を検討する上で最も大切なところとなります。

人間関係や待遇への不満が要因となって会社を辞める人も大勢いますが、人との関係の修復が不可能で退職したと人事側は思ってしまうため、あなたの第一印象が悪いものになるでしょう。35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。

この説によると、35歳以上だと転職することができなくなるという説です。

未だにこんな噂を聞くことが多いですが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?

本当のところは、35歳転職限界説は、今では当てはまらなくなっています。

今では、どの企業も生き残るために懸命に努力していますから、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。

退職後に無職期間が長いと新しい職を得難くなるので、出来る限り退職をしてから転職に成功するまでの期間を短くするように気をつけて行動を起こしてください。

面接官が無職期間を気にして問いただしてくることもあるでしょうので、無職期間中はどうしていたのか、明朗な回答ができるように準備しておきましょう。

ひとくちに公務員といってもどんなところで働きたいかによって給料は変わってきます。職業次第で、収入には大きな開きがあるので、多い収入得るために職を変わろうと思うのならば、どのような職に就けばいいのか、よく考えないといけません。

そして、公務員というと暇なイメージや楽な仕事だというイメージが強いかも知れませんが、勤務に就いてみるとそんなに甘くはありません。

転職の履歴書の記入方法のコツですが、それまで勤務していた会社でどんな仕事をしていたのか、どういった業績があったかなど、自分がどのような仕事の成果を上げたのかをわかりやすく書くことがポイントになります。

転職する際には、履歴書によって自己アピールすることが大切なのです。転職後にお祝い金がいただける転職サービスといったものもあります。

これを決め手に転職サービスを決める方も少なくありません。同様の転職サービスなら、お祝い金をうけ取れる方が良いですよね。

しかし、貰えるお祝い金の額は転職先の収入により、変わりますし、すべてひっくるめて、ご自身にとって有利となる転職サービスを選ぶことが大切です。

正規の社員と比べると、待遇に大きな差があるとの説がある契約社員の待遇の状況のことですが、実際の給料の額には、一体どれくらいの差があるのでしょうか。

ある番組の内容によりますと、一生の手取り額でみると、およそ8000万円の差があるという衝撃の調査結果が明らかになっていました。

少し前までは、35歳を超えると転職できなくなるという説も、全くの嘘とは言えませんでした。

昔は年齢に比例して序列が上がっていくシステムだったので、35歳を超えた人が、途中で入社してもどのようにあつかうかが難しいので、採用を見送る企業が少なくなかったのです。

けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても能力があるのなら積極的に採用する企業が少なくなくなりました。

転職の際に、普通求められるのはすぐに仕事をしてもらうことなので、業種を越えて転職するときは年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと仕事を決めるのは難しいでしょう。

すぐに仕事ができるような人材を求めているので、経験を問わず採用するところは少ないです。

採用されやすい資格を取得しておくなどの努力が求められます。転職先が大手企業だった場合、収入が増える場合が多いですが、最も差が出るのはボーナスになってくるでしょう。

中小企業のケースだと、ボーナスが小額だったり、業績によってはゼロという場合もあります。

手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスがなければ年収は480万円ですが、ボーナスが一年に二回、あったとすれば、それだけ年収が違ってきます。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

女性に人気のある介護職員初任者研修資格
OLや主婦層など女性に人気があり職場数や就業人数の多い資格で有名な代表格には、介護系では介護職員初任者研修、実務者研修などがあります。
女性が働きやすく求人も多い介護職
介護職は女性が働きやすい勤務条件の求人が多く、介護職員初任者研修を修了すれば、女性の求職者も多いのが介護求人の特徴です。
介護職員初任者研修は子育てと両立できる仕事も得やすい資格
介護職員初任者研修資格取得後の介護の仕事と子育ての両立に向けてに関するコラム記事です。
介護業界の人材不足と採用されやすい条件とは
介護業界で採用されやすい人材とは?介護士の人材不足と採用の条件、介護職人材の確保と中途採用の必要性について紹介しています。
コロナ禍における就職と転職のコツ
2020年から続くコロナ禍における介護職への求職状況や転職状況について考察してみました。
介護職は中途採用が多い職場
介護職の中途採用の実態、求人情報の集め方と面接の重要性について紹介しています。

 
ページトップへ戻る