介護職の中途採用の状況、求人情報と面接について

中途採用とは

中途採用とは定期採用時とは異なった時期に企業が行なう、新卒採用とは違う求人の募集のことです。
一般的には、中途採用での募集の際に企業が求める人材として考えられるのは、企業側にとっての即戦力になる人材ではないでしょうか。

一方、介護職の場合は、人手不足が常態化しており、ある意味で3K職場という側面もあり新卒で介護施設に就職するケースは少ないように感じます。

このような実情から介護職の多くは中途採用者が大半を占めています。

職場の介護施設では高齢者が多いので、ある程度の人生経験がある中途採用者の方がコミュニケーションをとりやすく、新卒者より対応しやすいという側面もあるのだと思います。

皮肉にもコロナ禍で失業者が増加し、求人数も断トツに多い業種ということも重なって他業種から介護職に転職してくる方が多くなっているのが現状です。

昔は3K職場などと敬遠されてきましたが、現在は給与面でも職場環境においても大きく改善されていることも幸いしているのでしょう。

一般的には中途採用の求人募集は、企業に即した生産性などを上げるために必要な技術やスキルを持った人材が必要となった場合に行なうケースがほとんどです。

自身のスキルや経験、培った専門知識などが、実際に現在就業中の人が転職を考えた際にはあるでしょう。

中途採用は今までの経験を効率よく使えるのがメリットだといえます。

スキルアップや今よりも高い給与を得ることを目的として転職を考える場合には、中途採用の求人への応募が有効な手段だと言えます。

中途採用の求人情報は、転職サイトや派遣会社への登録、ハローワークなど様々な方法があります。

転職先の情報を仕事をしながら探すことになるのが、中途採用の場合の新卒採用とは異なるところです。

仕事探しには時間的にも精神的にも根気が必要となります。

必要なのは、採用日の希望などを設定し計画的に進めていくということです。

仕事が忙しくて時間が無い人には、派遣会社や転職支援会社の仕事紹介システムを活用することがおすすめです。

転職活動を中途採用をめざして、仕事を続けながらすることが出来るようになります。

中途採用の求人情報

転職支援サイトなどの求人情報サイトやハローワーク、新聞広告や折り込みチラシなどで、中途採用の求人情報を見ることができるでしょう。

介護職の場合、介護求人の専門サイトも多くあり、就職してから無料で資格取得可能な求人サイトもあります。

折り込み広告や新聞の求人募集がお勧めなのは、希望勤務地があらかじめ限定されている場合です。

求人の中でも新聞の折り込みチラシは、何故なら地域別の内容だからです。折り込みチラシなら、自宅近辺での仕事情報を得ることができます。

経験やスキルを持っている実力のある人材を採用することが、中途採用の求人の企業側の目的として多いようです。

スキルや経験、実績をアピールすることが、中途採用の場合は大切なポイントとなるでしょう。

お勧めなのは、求人情報を登録会員のみにし公開しない中途採用の求人情報を多く持っている転職支援サイトや派遣会社の求人サイトを有効活用するということです。

ハローワークでは中途採用の求人情報の提供だけに限りません。

スキルアップの為の講習や資格取得支援制度などが、スキルに自信の無い人や資格取得を目指している就職希望者向けの支援活動としてあるといいます。

応募できる職種を広げることも、転職希望者を支援する様々な制度を上手に利用してスキルアップすれば可能となるでしょう。

きちんと中途採用の求人情報を収集するようにしましょう。

中途採用での再就職を目指す場合には、自分で満足のできるものにしたいですね。

中途採用と面接について

どんなことが、中途採用の求人への応募をするときに重要なのでしょう。

多くの企業は、応募者のキャリアや経験、実績のほか人柄やものの考え方を重要視しているようです。

考え方や人柄を確認する為に、一般的には面接が行われるのです。

他業種から介護職へ転職する場合は、技術的なスキルよりも、他業種で経験してきたコミュニケーション能力、対人スキルなどに関する能力をアピールするのが介護職での面接では有効です。

志望動機や応募者の自己分析力や将来的なビジョンなど確認するため、多くの中途採用を行なっている企業は1時間前後で面接を行っているといいます。

短い面接の時間の中で、自己アピールと自己分析とを行いましょう。

将来的な仕事のビジョンを分かりやすく簡潔に伝えることが、更には非常に重要となってきます。

面接を新卒採用でする場合は、判断をスキルや経験でするのではありません。

多くの場合、潜在的なポテンシャルや性格などを考慮するようです。中途採用の場合は現時点での応募者の能力はもちろんです。

将来へ向けてのビジョンと自分自身のスキルや経験について客観的に把握出来ているかどうかも重要なポイントとなります。

ただ明るく感じが良いとか、元気でやる気をアピールするだけでは採用には結びつかない場合が、中途採用の面接では多いと考えられるようです。

中途採用に活用できる面接方法などのセミナーが行われているので、転職を成功させる為にも、就職セミナーに参加することをおすすめします。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

女性に人気のある介護職員初任者研修資格
OLや主婦層など女性に人気があり職場数や就業人数の多い資格で有名な代表格には、介護系では介護職員初任者研修、実務者研修などがあります。
女性が働きやすく求人も多い介護職
介護職は女性が働きやすい勤務条件の求人が多く、介護職員初任者研修を修了すれば、女性の求職者も多いのが介護求人の特徴です。
介護職員初任者研修は子育てと両立できる仕事も得やすい資格
介護職員初任者研修資格取得後の介護の仕事と子育ての両立に向けてに関するコラム記事です。
出産後も子育てと両立しやすい介護職
介護職員初任者研修などの介護資格取得者の女性が結婚・出産後、育児休業後すぐに仕事を再スートすることが必要であるなど、経済的負担も求められる状況が多くなっています。
介護業界の人材不足と採用されやすい条件とは
介護業界で採用されやすい人材とは?介護士の人材不足と採用の条件、介護職人材の確保と中途採用の必要性について紹介しています。
コロナ禍における就職と転職のコツ
2020年から続くコロナ禍における介護職への求職状況や転職状況について考察してみました。
介護の資格無し未経験で介護業界へ転職するには
未経験からの転職で最も歓迎する業界は介護業界といわれています。未経験から介護職への転職を望む場合のポイントについて考えてみましょう。
介護職員初任者研修資格取得後の就活時の履歴書アピール活用方法
介護業界への転職には履歴書が重要ですが転職活動に役立てるには、どのようにアピールすればいいのかを考えてみましょう。

 
ページトップへ戻る