介護職員初任者研修有資格者の転職活動における自己分析活用について

介護職であっても転職成功には自己分析が必要

介護職員初任者研修の資格を取得して異業種から介護職へと転職を成功させるには、やはり自己分析はなくてはならないものです。

面接準備など転職活動をする上での大前提となるものが、介護求人情報のチェックや履歴書作成です。

大別すると自己分析の基本は、これまでの自分とこれからの自分の2つではないでしょうか。

自分に合う仕事を探すためにも、転職活動で自分をアピールする上でも、自己分析は欠かせないといえるでしょう。

自己分析で転職を目指している場合には、過去の自分の棚卸しからまず行いましょう。

自己分析では、人より優れた部分を無理矢理作り出す必要はありません。

大事なのは、自分のしてきたことを第三者にもわかるように、見える状態に整えることです。

どのような成長をしてきたか、物事にどんな姿勢で取り組んできたかを思い出すことが大切です。

単純に物事に取り組む姿勢や頑張りを伝えるのみでは、転職活動時に訴える力にはなりません。

成果をどのように上げたかもセットにしましょう。

家族や友人に自分について聞き客観的な意見を集めてみるのも、自己分析の作業には良い方法です。

1人で紙に書き出してみるという方法よりもおすすめです。

考えてみたほうが良いのは、自己分析で自分を知ることができた後に、次に何ができるのか、これからどんな風に生きていきたいかということです。

どんなことをしている時に自分は時間を忘れるほど夢中になれるのか、社会に何をしている時に貢献しているという気持ちになれるかなどでしょう。

介護職における転職活動時の自己分析のコツ

自己分析は就職活動をする際には何をしたいかが中心ですが、介護業界への転職活動の自己分析で大事なのは何ができるかということです。

これまでの経験を見直し、身につけたスキルや積み重ねてきた実績を整理してみるのが、転職活動において重要です。

今まで自分がしてきたことを、フラットな視点から見直してみましょう。

自分で自己分析をする時のコツは、先入観を無闇に持たないことだといえます。

自己分析は、自分はこういう人間だという精神状態でしていては新しい情報は出てこないでしょう。

自分を一度リセットするつもりで、自分自身を振り返ってみると良いでしょう。

自分の言葉を、そんなことは強みにはならないといった否定的な感覚で否定しないようにすることが大切です。

自分で最終的な評価を下すのではなく、あくまでも転職活動時の相手です。

自己分析を転職時にする場合には、キャリアプランや将来像が必要になる場合があります。

けっして将来へのビジョンは無理に決めるものではありません。

将来像が見える人は自然に見えるでしょうが、無理に背伸びしてまで考えるものでもないといえます。

強引に転職に際して自分の将来を型にはめてしまうと、無理に決めた以外の道が見えなくなってしまうこともあるでしょう。

転職のとき自己分析する場合には、自分の中に存在する可能性を大事にすることが大事なことなのかもしれません。

介護職への転職活動のための自己分析の準備

転職活動のための自己分析は、ペンを持って紙に向き合ったからといってすぐに本文がスラスラと書けるものではありません。

自己分析をする時には、自分の考えやこれまでのキャリアを改めて整理する必要があります。

どのようにこれまでの会社で働いてきたか振り返ってみることが、まずは重要です。

何年目にどんな仕事をして、どんな経験をして、何を学んできたのでしょうか。

自分では忘れていたと思っていたことも思い出せるので、具体的に書き出していきましょう。

自己分析の目的は、現在の自分がどのような過程でできているかを知ることでもあります。

過去の経験を一通り書いたらリストにしていくと良いのが、今の自分がやれることは何か転職後もやりたくないと感じていることは何かということです。

やりたいこと、やりたくないことを知るには、自分のモチベーションがどんな時に上がったか、学生時代までさかのぼってもいいでしょう。

これまでに褒められたところ、高く評価されたところは何か、自己分析のため思い出してみるのもおすすめです。

多くの日本人は自分の強みを語るのが苦手なようですが、転職活動で必要不可欠なものが、自己アピールというものです。

思い切って些細なことでも書いてみると良いでしょう。

転職によって未来の自分がどんな状態だといいと感じているかを書いた上で思い描いてみましょう。

未来の自分のために必要なこと、身につけたいことを考えていくことが、転職活動のための自己分析につながります。

最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!

関連ページ

女性に人気のある介護職員初任者研修資格
OLや主婦層など女性に人気があり職場数や就業人数の多い資格で有名な代表格には、介護系では介護職員初任者研修、実務者研修などがあります。
女性が働きやすく求人も多い介護職
介護職は女性が働きやすい勤務条件の求人が多く、介護職員初任者研修を修了すれば、女性の求職者も多いのが介護求人の特徴です。
介護職員初任者研修は子育てと両立できる仕事も得やすい資格
介護職員初任者研修資格取得後の介護の仕事と子育ての両立に向けてに関するコラム記事です。
出産後も子育てと両立しやすい介護職
介護職員初任者研修などの介護資格取得者の女性が結婚・出産後、育児休業後すぐに仕事を再スートすることが必要であるなど、経済的負担も求められる状況が多くなっています。
介護業界の人材不足と採用されやすい条件とは
介護業界で採用されやすい人材とは?介護士の人材不足と採用の条件、介護職人材の確保と中途採用の必要性について紹介しています。
コロナ禍における就職と転職のコツ
2020年から続くコロナ禍における介護職への求職状況や転職状況について考察してみました。
介護職は中途採用が多い職場
介護職の中途採用の実態、求人情報の集め方と面接の重要性について紹介しています。
介護の資格無し未経験で介護業界へ転職するには
未経験からの転職で最も歓迎する業界は介護業界といわれています。未経験から介護職への転職を望む場合のポイントについて考えてみましょう。
介護職員初任者研修資格取得後の就活時の履歴書アピール活用方法
介護業界への転職には履歴書が重要ですが転職活動に役立てるには、どのようにアピールすればいいのかを考えてみましょう。
介護職員初任者研修資格取得後の転職活動と面接
介護職員初任者研修の資格取得後、転職を目指す場合には面接対策が重要になります。
介護職員初任者研修有資格者の介護求人と転職
介護職員初任者研修の有資格者が転職を目指す際の介護求人情報の収集方法と転職の時期などについて解説しています。

 
ページトップへ戻る