食事介助の目的・意義・注意点・ポイントなど介護の基本技術について

食事介助を行う意義と目的

介護職員初任者研修の資格を取得し、介護職に従事すれば食事介助・介護は必須の業務なります。できる限り利用者には自分の手で口から食べ物を摂取してもらうようにしていくことが生活の質の向上(QOL)にも繋がる大切な自立支援になります。次になぜ口から食べ物を摂取することが重要なのかについて解説していきます。食...

≫続きを読む

 

食事介助で介護職が配慮すべきこと

食事介助で介護職が配慮すぺき留意点とは食事介護を行う介護職の基本スタンス長年に渡り日々食事をする利用者には、それぞれの拘りや食習慣・文化があります。なので、利用者自信の食習慣や好みを尊重した介護を行うには、健康的で美味しい食事を自立して食べれるように支援していくという視点が必要です。さらに介護職は、...

≫続きを読む

 

食事姿勢がポイント|食事の介助法

前かがみの食事姿勢は自然で安全な姿勢健常者である私たちが日常食事をする場合、どのような姿勢で食べているかを考えたことがあるでしょうか。和食や洋食を食べる際に畳に正座している場合もイスに座っている場合も、その時の姿勢を真横から観察すると、絶対と言っていい程その多くが、前かがみの姿勢で食事を行っているの...

≫続きを読む

 

食べ物をうまく飲み込むための必要条件とは|食事の介助法

食べ物をスムーズに飲み込むには前かがみの姿勢がポイントに介護職員初任者研修の資格取得後、介護施設などに就職し業務を行う場合、食事介助は必須業務と言えます。介護施設の利用者や要介護者が食事をする際、自分の口から食事を摂る場合には、まず口の中で食べ物を噛み砕き(咀嚼)、次に食べ物をスムーズに飲み込む(嚥...

≫続きを読む

 

正しい食事姿勢とチェック方法について|食事の介助法

介護職は食事介助の際、理想的な食事姿勢をチェックすること介護職員初任者研修が修了し、食事介護を行う場合、利用者の食事姿勢が食べ物を飲み込みやすい理想的な姿勢になっているかを確認してから介助することが大切です。誤嚥などを防ぎ飲み込みやすい理想的な姿勢は、床にピッタリかかとが着いた状態で前かがみの姿勢が...

≫続きを読む

 

食欲不振・手に障害あり|適切な食事の介助法

介護職員初任者研修の有資格者が要介護者の食事介助を行う際、食事の時間になっても食べない利用者もいますが、ここでは、なぜ食べないかの理由とその対処法を探っていきます。食欲不振の場合の原因と介護職としての対処法理由1:お腹がすいていない食事時間に拘らず利用者がお腹がすくまで待つ特に体調がすぐれないわけで...

≫続きを読む

 

上手く飲み込めない・むせる|適切な食事の介助法

食べ物をうまく飲み込めない要介護者への介護職の対処法介護職員初任者研修などの介護職従事者が食事介助を行う際に勘違いするのが、利用者が上手く食べ物を飲み込めない場合、とりあえず何でも細かく刻めば大丈夫だろうという発想です。利用者の嚥下機能の状態は個々で違いがあるので、程度や状態を見極めてから適切な方法...

≫続きを読む

 
最短・最安で介護職員初任者研修の資格を取得できる具体的手順をご紹介しています。

最短1ヶ月+最安で介護職員初任者研修を取得する!


 
ページトップへ戻る